医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】メトホルミンに発癌性物質-NDMA混入、15社に分析指示

【厚労省】メトホルミンに発癌性物質-NDMA混入、15社に分析指示

読了時間:約 1分49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月13日 AM10:32

厚生労働省は9日、ビグアナイド系経口血糖降下薬「」について、発癌性物質のN-ニトロソジメチルアミン()が混入されていないか分析するよう求める事務連絡を、製薬企業15社に発出した。シンガポール保健科学庁(HSA)がメトホルミン含有製剤から微量のNDMAが検出され、一部事業者が自主回収に着手したと発表し、欧米規制当局も注意喚起を行っていることを受けた対応。NDMAの混入リスクの有無や分析結果が得られる時期のメドを27日までに報告するよう求めている。

今回の事務連絡は、シンガポールのHSAがメトホルミン含有製剤からNDMAが検出され、一部事業者が自主回収に着手したと発表し、(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)も注意喚起を行っていることを受けたもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 第2回大阪府後発品安心使用促進のための協議会、フォーミュラリーを啓発へ-八尾市立病院は3剤で導入
  • 【日病薬近畿ブロック会議】広義調剤業務の周知要望-服薬介助、外用薬貼付は「調剤」
  • 【知財フォーラム】激変する企業の知財戦略-デジタルヘルス対応で
  • 【WHO 進藤氏が警鐘】新型肺炎、世界が日本を心配-根絶断念せず、食い止めを
  • 【製薬協k部会】RMP周知方法定まらず-企業3割が改訂時に手順書