医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募

【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月11日 AM10:15

愛媛大学病院に2年後、敷地内薬局が設置される可能性のあることが明らかになった。愛媛大学は、大学病院敷地内の土地を借り受け、多目的棟や患者用立体駐車場の設置や管理を担当する民間事業者の公募を開始。愛媛大学の開示資料では薬局の設置は明示されていないが、各地の大学病院で繰り返されてきたように、民間事業者が多目的棟の入居者として薬局を誘致する可能性は高いと見られる。

事業用地は、愛媛大学病院外来棟玄関北西部に位置する約19万m2のエリア。愛媛大学は、現在は外来患者の駐車場として利用されているエリアに、立体駐車場や多目的棟を設置し、患者サービスの向上や大学関係者の福利厚生の充実を図る計画。これら事業を担う民間事業者を公募することになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証
  • 鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」
  • 【官民対話】中間年改定「慎重対応を」-国主導のAMR対策要望
  • 【厚労省・行政事業レビュー】薬価算定の審議等公開へ-透明性求める意見相次ぐ
  • 【厚労省】抗菌薬使用量10.9%減-4年連続も目標達せず