医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色

【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色

読了時間:約 1分34秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月09日 AM10:30

中央社会保険医療協議会薬価専門部会は6日、次期薬価制度改革案について製薬業界から意見聴取した。業界団体の日本製薬団体連合会、(PhRMA)、(EFPIA)は、新薬創出等加算の見直しについて「革新的新薬の創出に取り組んでいる企業は、対象品目の薬価が維持される区分Iにすべき」と主張。再算定ルールの見直しについても「企業の予測可能性を低下させる」として反対を表明した。

日薬連の手代木功会長は、新薬創出等加算の見直しについて、「革新的新薬の創出に取り組んでいる企業は、対象品目の薬価が維持される区分Iにすべき」と要望。後発品薬価に関しては、「安定供給の面から初収載薬価は見直すべきでない」と先発品の5割維持に賛同した一方、価格帯の集約で薬価が大幅に引き上がることを抑えるため、「現行の3価格帯に集約する場合、後発品上市後12年経過した際に1価格帯に集約する場合は価格帯の増加を含め、集約方法を見直すべき」と注文をつけた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査
  • 【日病薬】医薬品全体への信頼欠く-木平会長、小林化工の事案に危機感
  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も
  • 【日病薬】タスクシフト先進事例を公開へ-全国的な実施に向け後押し
  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ