医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】保険薬局の実調で見解-「小規模の経営基盤は脆弱」

【中医協総会】保険薬局の実調で見解-「小規模の経営基盤は脆弱」

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月29日 AM10:30

中央社会保険医療協議会の診療側、支払側委員は27日の総会に、医療経済実態調査の結果に対する見解を示した。2018年度の保険薬局の収支状況について、診療側は前年度より損益差額率が減少したことなどから「厳しい経営状況」にあり、今後の医薬品供給に悪影響が生じる可能性を主張。一方、支払側は保険薬局全体で5.5%の黒字だったことを踏まえ、20店舗以上の店舗数を持つ薬局を中心に「経営は比較的安定している」との分析結果を示した。

診療側は保険薬局の収支状況について、保険調剤の収益減少と給与費の増加が影響し、損益差額率が前年度より個人立で1%、法人立で1.4%減少したことから、「厳しい経営状況」と指摘。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】9品目に市場拡大再算定-「ユルトミリス」も引き下げ
  • 3社と7人起訴内容認める-医薬品卸談合疑惑の公判で
  • 【特許庁】中分子医薬で特許出願増-中国がトップの座確実に
  • 【厚労省】2億5000万回分を追加購入-コロナワクチン、3社から
  • 【日本薬剤師会】薬剤師など関与不可欠-2分の1ルールで意見