医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【次期薬価改革で論点】類似薬なくても再算定-新薬加算対象に耐性菌薬

【次期薬価改革で論点】類似薬なくても再算定-新薬加算対象に耐性菌薬

読了時間:約 1分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月25日 AM10:30


厚生労働省は22日、次期薬価制度改革に向けた論点を、中央社会保険医療協議会薬価専門部会に示した。効能追加で市場規模が拡大し、既存薬に比べて1日薬価が大きく乖離して高い品目は、薬理作用が似た薬がない場合でも特例として再算定対象とするほか、新薬創出等加算の品目要件に先駆け審査指定の対象品目や薬剤耐性菌治療薬を追加。新規作用機序で高い革新性、有用性が示された品目を新たに要件に追加することなども盛り込んだ。

厚労省が示した論点では、新薬創出等加算の企業指標に、過去5年間の革新的新薬、薬剤耐性菌治療薬の収載実績の有無を追加。品目要件にも、薬剤耐性菌治療薬、先駆け審査指定の対象品目も加える。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用
  • 【中医協総会】調剤料見直しの声相次ぐ-一部は対人業務として整理
  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に
  • 【20年度医療経済実態調査】薬局の利益率ほぼ横ばい-大病院門前、敷地内は上昇
  • 【厚労省】抗原検査キット、広告可に-薬剤師の対面販売「必要」