医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 田辺三菱製薬、上場廃止へ-三菱ケミHDが完全子会社化

田辺三菱製薬、上場廃止へ-三菱ケミHDが完全子会社化

読了時間:約 2分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月20日 AM10:15


■ヘルスケア事業を加速

三菱ケミカルホールディングスは18日、連結子会社の田辺三菱製薬を完全子会社化すると発表した。田辺三菱の株式を公開買い付け(TOB)により取得する。買付価格は15日終値に53%のプレミアムを上乗せした2010円で、19日から来年1月7日までTOBを実施。買付総額は約4918億円に上る見込みだ。同社は、デジタル化や科学技術の急速な発展を予想。田辺三菱を完全子会社化することで、医薬品にとどまらず、予防から再生医療までをカバーするヘルスケア事業を総合力で加速できると判断した。これにより、田辺三菱は上場廃止となる予定。

会見する三菱ケミカルHDの越智社長(右)、田辺三菱製薬の三津家社長

三菱ケミカルHDは、機能商品、素材、ヘルスケアの事業ポートフォリオの構造改革を進めてきた。こうした中で今回、TOBによって保有する田辺三菱の株式割合を56.39%から100%に引き上げることで、医薬品とアプリ、ヘルスケアとデジタルの融合やマイクロバイオームを用いた予防医療など、HDの総合力を生かしてヘルスケア事業を大きく発展させることができる好機と判断した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【富山県】富士製薬に業務改善命令-後発品企業に再び行政処分
  • 【厚労省】5~11歳ワクチン特例承認-26日に臨時接種可否検討
  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ