医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】夜間休日対応、連携でも可-樽見医薬局長、「地域連携薬局」の要件で見解

【厚労省】夜間休日対応、連携でも可-樽見医薬局長、「地域連携薬局」の要件で見解

読了時間:約 1分34秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月15日 AM10:30

厚生労働省医薬・生活衛生局の樽見英樹局長は13日、医薬品医療機器等法の改正案を審議した衆議院厚生労働委員会で、「」の認定要件について説明。要件として、「入退院時の患者情報の共有や、夜間・休日の相談対応、調剤応需体制などを求めることを想定している」とした上で、小規模薬局で難しいとされている夜間・休日対応については、地域の薬局と連携して対応するケースも認める方向で検討していることを明らかにした。

衆院厚労委で説明する樽見局長

改正法案には、薬局が持つ機能について、入退院時などに他の医療施設と連携して対応できる機能を持つ「地域連携薬局」、癌などの専門的な薬学管理に対応できる機能を持った「専門医療機関連携薬局」に分類し、一定の要件を満たした上で、都道府県知事が認定すれば名称表示できる仕組みとすることが盛り込まれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】メトホルミンに発癌性物質-NDMA混入、15社に分析指示
  • 【厚労省】後発品178品目を薬価収載-初後発にアプレピタントなど
  • 【中医協各側が意見書】診療側「医療者に十分な手当を」-支払側「診療所は利益率高い」
  • 【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募
  • 【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色