医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【医療経済実態調査】薬局全体の経営状況悪化-チェーンはなお高い利益率

【医療経済実態調査】薬局全体の経営状況悪化-チェーンはなお高い利益率

読了時間:約 2分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月15日 AM10:45

厚生労働省は13日、医療機関や薬局の経営状況を調べた「」を公表した。薬局の利益率は、診療報酬改定前の2017年度の6.9%から改定後の18年度に1.4ポイント低下し、5.5%となった。薬局の利益率を立地別に調査した結果では、「大病院の門前薬局」が17年度の5.1%から18年度は2.5%に低下した一方で、「診療所敷地内薬局」は12.5%から11.5%に低下したものの、10%台の高利益率を維持した。

調査は、病院2482施設(有効回答数1323施設、有効回答率53.2%)、一般診療所3212施設(1704施設、53.1%)、歯科診療所1112施設(625施設、56.2%)、保険薬局1878施設(1038施設、55.3%)を対象に実施した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】メトホルミンに発癌性物質-NDMA混入、15社に分析指示
  • 【厚労省】後発品178品目を薬価収載-初後発にアプレピタントなど
  • 【中医協各側が意見書】診療側「医療者に十分な手当を」-支払側「診療所は利益率高い」
  • 【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募
  • 【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色