医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 医療費適正化の推進要求-被用者保険5団体が意見書

医療費適正化の推進要求-被用者保険5団体が意見書

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月13日 AM10:45

健康保険組合連合会など被用者保険関係5団体は8日、医療保険制度改革に向けた共同意見書を加藤勝信厚生労働相宛てに提出した。後発品の使用促進やフォーミュラリー導入などを通じて医療費の適正化を進めること、75歳以上の後期高齢者の窓口負担を2割に据え置くことなどを要望。政府の全世代型社会保障検討会議の取りまとめなどに盛り込んだ上で、給付と負担の見直しを含めた制度改革を実行するよう求めた。

高齢化により2022年には団塊世代が後期高齢者に入り始め、医療給付費が急増する一方、支え手である現役世代の人口急減が見込まれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直し検討開始-「スポンサー」導入など論点
  • 【厚労省】コロナ中等症にも投与可-ベクルリーの添付文書改訂
  • 杉本福井県知事「3月末までに行政処分」-小林化工の睡眠薬混入問題
  • 【日薬連】供給調整スキーム発動-小林化工の自主回収問題で