医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【岡山大学病院】睡眠薬整理へ専門外来開設-減薬方法を地域医に提案

【岡山大学病院】睡眠薬整理へ専門外来開設-減薬方法を地域医に提案

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月21日 AM10:30

岡山大学病院は、9月から「睡眠薬の整理に関する専門外来」(通称:睡眠薬ポリファーマシー外来)を開設した。地域の医療機関から紹介を受けて週1回、複数のベンゾジアゼピン系薬剤を長期内服している患者を外来で診察する。医師、薬剤師、看護師らで構成される精神科リエゾンチームがカンファレンスを実施して最適な薬物療法を話し合い、薬の減量や中止、他剤への変更などを患者やかかりつけ医師に提案する。地域全体の睡眠薬の困りごとの解決を、基幹病院の専門家が支援する体制を構築した。

ベンゾジアゼピン系薬剤の多剤服用や長期服用による副作用が社会的な問題になる中、地域の医師からポリファーマシーの解消に取り組もうとしても、薬剤の種類や減量の方法について判断に困るといった声を受け、開設に至った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】後発品全品目が規格適合-19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に
  • 【日病薬調査】病薬研修会、約7割で再開-ウェブ環境整備に支援要望
  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ
  • 【社人研】社会保障給付が121兆円に-過去最高、GDP比も上昇
  • 地域連携薬局、国民への周知必要-田村厚労相が会見、在宅など機能啓発に意欲