医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬剤師の「原点」を想起-山口県で初の日薬学術大会

薬剤師の「原点」を想起-山口県で初の日薬学術大会

読了時間:約 2分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月16日 AM10:15


■全国から9000人が参加

第52回日本薬剤師会学術大会が13、14の両日、山口県下関市内で開かれた。山口県での大会開催は今回が初めて。大型台風による全国的な交通機関の乱れはあったものの、2日間の全プログラムを終えた。全国から約9000人が参加し、街の科学者と呼ばれた薬局薬剤師の姿を想起するため設定されたメインテーマ「原点」を基軸に、セルフメディケーションや地域連携、ポリファーマシー、医療ビッグデータなど薬剤師を取り巻く幅広い話題や課題について討議を繰り広げた。

多数の参加者で賑わった開会式

開会式であいさつした日薬の山本信夫会長は「薬剤師にとって平成の時代は必ずしも追い風ばかりでなく、激しい風が吹き荒れる嵐の中を進む小舟にも似た状況だった。一方で、大変エポックメイキングな時代でもあった」と言及。具体的な成果として、医療法で薬局が医療提供施設に規定されたことや6年制薬学教育の法制度化、医薬分業の推進を示した上で、「、薬剤師法の改正法案が現在の国会で審議され、成立予定と聞いている。平成の時代に大きく実を結んだ先人の努力と足跡を振り返りながら、新たな時代のニーズに応える薬剤師や薬局を目指して歩んでいかなければならない」と決意を新たにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療経済実態調査】薬局全体の経営状況悪化-チェーンはなお高い利益率
  • 【厚労省】夜間休日対応、連携でも可-樽見医薬局長、「地域連携薬局」の要件で見解
  • 医療費適正化の推進要求-被用者保険5団体が意見書
  • 【岡山大学病院/木村情報技術】AI基盤の本格運用開始-来年7月メド、薬剤師に開放へ
  • 【薬価部会】後発品を基礎薬に指定を-要件見直しに慎重意見多く