医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【倶知安厚生病院薬剤科】総合診療科病棟で介入効果-2年間の経済効果は2500万円

【倶知安厚生病院薬剤科】総合診療科病棟で介入効果-2年間の経済効果は2500万円

読了時間:約 2分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月04日 AM10:30

倶知安厚生病院(北海道倶知安町、234床)の総合診療科病棟で薬剤師が実施した重大な副作用の発現や重篤化回避につながる薬学的介入には、2年間で約2500万円の医療経済効果があることが、同院薬剤科の解析で明らかになった。プレアボイド報告38件の介入内容を解析し、重大な副作用が発現した場合に支払われる医薬品副作用被害救済制度支給額を根拠に推算した。これまでに緩和ケア、循環器、整形外科などの各病棟を対象にした同様の解析結果が報告されているが、総合診療科病棟においても薬剤師の薬学的介入には多大な医療経済効果があることが初めて示された。

同院では、総合診療科病棟内の一般急性期47床の患者を対象に薬剤師が常駐し、様々な薬学的介入を実施している。2017年6月から19年5月の2年間、同病棟の患者を対象に日本病院薬剤師会に報告したプレアボイド38件の介入内容を解析し、医療経済効果を推算した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 厚労省・田宮薬剤管理官、調剤料依存の薬局に警鐘-対人転換はスピード感重要
  • 【梅田薬局の成果報告】ロボット化で調剤ミスなし-待ち時間も3分の1に
  • 第2回大阪府後発品安心使用促進のための協議会、フォーミュラリーを啓発へ-八尾市立病院は3剤で導入
  • 【日病薬近畿ブロック会議】広義調剤業務の周知要望-服薬介助、外用薬貼付は「調剤」
  • 【知財フォーラム】激変する企業の知財戦略-デジタルヘルス対応で