医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【感染症週報・第36週】インフルエンザ報告増加、過去5年に比べてかなり多い-感染研

【感染症週報・第36週】インフルエンザ報告増加、過去5年に比べてかなり多い-感染研

読了時間:約 33秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月24日 PM06:45

都道府県上位3位は沖縄、宮崎、千葉

国立感染症研究所は9月24日、「JAPAN 2019年第36週(第36号)」を発行。9月11日集計分の第36週(9月2日~9月8日)の報告症例について、コメントを示した。

注視すべきは、。定点当たり報告数は0.77で、第31週以降増加が続いており、過去5年間の同時期(前週、当該週、後週)と比較してかなり多い。都道府県別の上位3位は沖縄県(34.10)、宮崎県(1.17)、千葉県(0.87)。基幹定点からのインフルエンザ入院サーベイランスにおける報告数は87例と、前週と比較して増加し、14府県から報告があった。

なお、インフルエンザ定点は、全国の指定された小児科・内科の医療機関約5,000か所、定点当たり報告数は、報告数/定点医療機関数。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 糖尿病発症初期での運動は、miRNAの発現増加と心機能の改善をもたらす-オタゴ大ほか
  • 老化細胞を詳細に解析できるマウスを作製、肝・腎から除去でNASH改善-東大医科研
  • 新型コロナウイルスの重症化を予測する5因子を同定-NCGM
  • 新型コロナウイルスを捕捉・不活性化する人工抗体の作製に成功-名大ほか
  • ATLに対する同種造血幹細胞移植後、他臓器に先行して目に炎症が出現-東京医歯大ほか