医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】データヘルス改革で新計画-ゲノムと医療AIの活用加速

【厚労省】データヘルス改革で新計画-ゲノムと医療AIの活用加速

読了時間:約 1分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月11日 AM10:30

健康・医療・介護のデータを連結したデータプラットフォームの構築に向けた具体策を議論する厚生労働省の「データヘルス改革推進本部」は9日、2021年度からの5年間で実現すべき目標4項目を記した新計画を策定した。ヒトの全ゲノム情報を活用して癌、難病の原因究明や新たな診断・治療法の開発を進めること、オンライン資格確認の基盤を用いて全国の医療機関で薬剤情報等を確認できる仕組みを稼働させることなどを盛り込んだ。

推進本部では、17年から健康・医療・介護データの連結や利活用の推進に向けた取り組みを検討しており、20年度をメドに実現すべきサービス8項目の工程表を昨年に策定し、工程表に沿った取り組みを実施してきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • AMRアクションファンド、製薬主導で国際ファンド-AMR薬開発へ10億ドル
  • 【藤田医科大学】アビガンの有効性認めず-ウイルス消失に有意差なく
  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく
  • 【九州豪雨】卸の営業所が機能停止に-医薬品供給は連携でカバー
  • 【薬害オンブズ会議】観察研究の登録中止を-アビガン高致死率に懸念