医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】データヘルス改革で新計画-ゲノムと医療AIの活用加速

【厚労省】データヘルス改革で新計画-ゲノムと医療AIの活用加速

読了時間:約 1分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月11日 AM10:30

健康・医療・介護のデータを連結したデータプラットフォームの構築に向けた具体策を議論する厚生労働省の「データヘルス改革推進本部」は9日、2021年度からの5年間で実現すべき目標4項目を記した新計画を策定した。ヒトの全ゲノム情報を活用して癌、難病の原因究明や新たな診断・治療法の開発を進めること、オンライン資格確認の基盤を用いて全国の医療機関で薬剤情報等を確認できる仕組みを稼働させることなどを盛り込んだ。

推進本部では、17年から健康・医療・介護データの連結や利活用の推進に向けた取り組みを検討しており、20年度をメドに実現すべきサービス8項目の工程表を昨年に策定し、工程表に沿った取り組みを実施してきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【豊中市、豊中市薬剤師会、大阪大学】健サポ薬局に「豊中モデル」-産官学の協働事業スタート
  • 【中医協総会】多剤解消等の評価で意見二分-診療側「極めて重要」、支払側「新設必要ない」
  • 【第4次安倍再改造内閣】加藤前厚労相が再登板-社会保障「しっかり議論」
  • 【覆面調査】4年連続で遵守率が低下-乱用恐れ医薬品の販売規則
  • 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定