医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 新規MS治療薬候補OCH-NCNP1、グローバルライセンス契約締結-NCNPとEAファーマ

新規MS治療薬候補OCH-NCNP1、グローバルライセンス契約締結-NCNPとEAファーマ

読了時間:約 1分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月03日 PM12:15

全世界全適応症における独占的なライセンス契約

(NCNP)は8月30日、NCNPが開発中のOCH-NCNP1(OCH)について、全世界での全適応症における独占的な開発、製造、販売に関するライセンス契約をEAファーマ株式会社と締結したと発表した。

OCHは、NCNPの山村隆特任研究部長らのグループが、海綿に寄生する細菌が産生する糖脂質α-ガラクトシルセラミド(α-GalCer)の構造を修飾して創製した化合物。近年では、OCHやα-GalCerの類縁体がヒトの腸内細菌から産生され、(NKT)細胞からTh1サイトカインとTh2サイトカインを誘導して免疫の恒常性維持に寄与していることが明らかにされている。特にOCHは、Th1サイトカインの作用に抑制的に働くTh2サイトカインを、α-GalCerに比べ優位に誘導し、Th1サイトカインの過剰な作用が発症原因となる慢性疾患の炎症を是正することが期待されている。

クローン病に加え多発性硬化症を対象に医師主導治験

現在、NCNPでは、OCHに関し、多発性硬化症の患者を対象とする医師主導治験(前期第2相試験)が計画されている。また、慶應義塾大学病院では、NCNPとの共同研究により、OCHに関し、2016年よりクローン病の患者を対象とする医師主導治験(第1/2相試験)が進められている。

今回の契約は、国内の大学等研究機関の研究シーズの開発を支援する公益財団法人神戸医療産業都市推進機構医療イノベーション推進センター(TRI)から、EAファーマがOCHの紹介を受けたことを機会に締結に至ったもの。今回の契約に基づき、EAファーマは、NCNPに対して、契約一時金、マイルストン、ロイヤルティを支払う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • EGFR遺伝子変異肺がん、初期抵抗性にはAXL阻害薬/EGFR阻害薬併用療法が有望-京都府医大ほか
  • 脊髄性筋委縮症の遺伝子治療用製品「ゾルゲンスマ」、薬価収載-ノバルティス
  • ロケルマ、高カリウム血症を効能・効果として発売-AZ
  • ゾレア、アスピリン喘息患者63%でアスピリン過敏性を消失-相模原病院ほか
  • リスジプラム、1~7か月の乳児I型SMA対象P2/3試験の1年間の成績発表-ロシュ