医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省・20年度医薬概算要求】薬機法改正に約13億円-機能別薬局認定へ整備事業

【厚労省・20年度医薬概算要求】薬機法改正に約13億円-機能別薬局認定へ整備事業

読了時間:約 2分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月30日 AM11:00

厚生労働省医薬・生活衛生局の2020年度予算概算要求は、前年度比21.8%増の92億9900万円を計上した。次期国会での成立を目指す医薬品医療機器等法(薬機法)改正案で法制化を検討している先駆け審査指定制度を促進するための医薬品医療機器総合機構(PMDA)の体制整備に必要な人件費をはじめ、医薬品・医療機器の申請・届け出手続き、様式の変更などに伴うシステム改修費などを盛り込んだ。また、新規で薬機法改正案に盛り込まれた薬局の機能別認定制度の整備促進事業に1億6800万円を計上。法改正の関連予算は12億6000万円となった。

先駆け審査指定制度については、前年度予算で対応した医薬品・医療機器に続き、再生医療等製品の体制整備を行う。具体的には、先駆け指定品目の審査を担う専門チーム(1チーム8人)をPMDAに設置するため、新規で4800万円を要求する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナワクチン9件採択-開発支援へ55億円を配分
  • 【政府】マスク転売規制を決定-供給不足に歯止め
  • 【米モデルナ】コロナワクチンで抗体獲得-第I相試験の中間解析結果
  • 【日医有識者会議】拙速な特例的承認に警鐘-新型コロナ薬で緊急提言
  • 治験成績提出「必須とせず」-アビガン承認で安倍首相