医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【健保連が政策提言】花粉症薬は保険から除外-リフィル処方普及も促す

【健保連が政策提言】花粉症薬は保険から除外-リフィル処方普及も促す

読了時間:約 2分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月26日 AM10:45

健康保険組合連合会は23日、次期診療報酬改定に向けた政策提言を公表した。OTC薬と類似する医療用の花粉症治療薬を保険適用から外した場合、全国推計で年間最大約600億円の薬剤費削減効果が見込まれると試算。原則、自己負担にすべきとした。分析は、2016年10月から18年9月診療分の加入者のレセプトデータをもとに行った。

提言では、近年、第二世代抗ヒスタミン薬のスイッチOTC薬が相次いで上市され、市販薬市場で広く流通していることや、診療ガイドラインで花粉症の初期療法や軽症例には、第二世代抗ヒスタミン薬など、通常1分類の薬剤で治療を開始することとなっている点を指摘。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直し検討開始-「スポンサー」導入など論点
  • 【厚労省】コロナ中等症にも投与可-ベクルリーの添付文書改訂
  • 杉本福井県知事「3月末までに行政処分」-小林化工の睡眠薬混入問題
  • 【日薬連】供給調整スキーム発動-小林化工の自主回収問題で