医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審小委員会】ロタワクチンの定期接種化「接種費用を低減すべき」

【厚科審小委員会】ロタワクチンの定期接種化「接種費用を低減すべき」

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月02日 AM10:45

厚生科学審議会予防接種基本方針部会のワクチン評価に関する小委員会は7月31日、ロタウイルスワクチンの定期接種化について、接種にかかる費用を低減すべきと結論づけた。接種者が負担するコストが非接種者を上回る現状に対して、現在の費用で定期接種化するには課題が残ると判断。ただ、接種による利益が副反応のリスクを大きく上回ると評価し、定期接種化については部会で引き続き検討する。厚生労働省は、近日中にワクチンの製造販売業者2社に費用面での対応を聴取した上で、部会に報告する方針。

ロタウイルスは0~6歳の乳幼児期が罹患しやすく、下痢、嘔吐、発熱などを発症し、脱水の悪化でショックや死亡に至る事例も見られる。予防策として、国内ではグラクソ・スミスクラインの「」とMSDの「」のワクチン2種類を任意で接種できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 薬物乱用対策推進会議、大麻検挙、過去最高更新-20代以下の若年層に浸透
  • 近畿大学、ワンステップ、患者が開発計画を提案-タグリッソの医師治験開始へ
  • AMRアクションファンド、製薬主導で国際ファンド-AMR薬開発へ10億ドル
  • 【藤田医科大学】アビガンの有効性認めず-ウイルス消失に有意差なく
  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく