医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【医療用医薬品の流通改善に関する懇談会】流通改善の進展を評価-単品単価取引、大手調剤で35%増

【医療用医薬品の流通改善に関する懇談会】流通改善の進展を評価-単品単価取引、大手調剤で35%増

読了時間:約 1分47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月03日 AM11:45

厚生労働省の「」は6月28日、2018年度の医療用医薬品の流通状況に関する報告を厚労省から受けた後、今年度上期に向けた課題と対策を議論した。調剤薬局チェーンの単品単価取引の割合が前年度から約35%増加したことなどに対して、委員からは改善状況の進展を評価する声が上がった。一方、10月に予定している消費税引き上げに伴う薬価改定による影響を懸念する声も医薬品卸側などから上がり、厚労省は「14年の消費税増税時に起きたことを検証し、混乱を繰り返さないよう慎重かつ適切に対応したい」との考えを示した。

厚労省の報告では、流通改善ガイドラインなどを踏まえ、今年4月時点で割戻しの確認と仕切価への反映の検討に着手している製薬企業は97社中94社(96.9%)で、未着手の3社も5月までに着手するとしていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】後発品178品目を薬価収載-初後発にアプレピタントなど
  • 【中医協各側が意見書】診療側「医療者に十分な手当を」-支払側「診療所は利益率高い」
  • 【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募
  • 【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色
  • 【臨床薬理学会で議論】製販後調査に患者レジストリ-難病、希少薬で活用論高まる