医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【安全対策調査会で了承】「フェブリク」に心血管死リスク-注意喚起へ添付文書改訂

【安全対策調査会で了承】「フェブリク」に心血管死リスク-注意喚起へ添付文書改訂

読了時間:約 1分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月28日 AM11:45


■安全対策調査会で了承

厚生労働省は26日、帝人ファーマの高尿酸血症治療薬「」(販売名:フェブリク錠)の添付文書について、心血管疾患の発現に関する注意喚起を記載する案を薬事・食品衛生審議会安全対策部会安全対策調査会に示し、委員から肯定的な意見が多数を占めたことから、了承された。海外の臨床試験結果を踏まえた対応で、類薬の「」の添付文書も同様に試験結果を情報提供するよう改める。7月上旬をメドに製造販売業者に添付文書改訂を指示する通知を発出予定。

フェブキソスタットをめぐっては、米国では承認審査で心血管疾患の発現割合が対照群()と比べて高い傾向が見られたことから、製造販売後に心血管リスクを評価する臨床試験()を実施。その結果、アロプリノールと比べて心血管死のリスクが高いことが確認され、今年2月に米国FDAが心血管死に関する注意喚起を追記するよう添付文書の改訂を指示し、アロプリノールによる治療が効果不十分または忍容性がない患者に使用を限定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【アステラス製薬】米企業を約3300億円で買収-遺伝子治療薬の基盤獲得
  • 【厚労省】市場価と約8%の乖離率-談合疑惑関係データは除外
  • 【日薬連】添付文書電子化の対応強化-改正薬機法成立で検討開始
  • 【横浜労災病院薬剤部】病院業務、薬局薬剤師が応援-急場の人材不足解消に試行
  • 【中医協で支払側委員】医薬品卸大手の談合疑惑で「実勢価に影響」懸念相次ぐ