医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【骨太方針を閣議決定】健康サポート薬局を推進-調剤報酬の適正化も明記

【骨太方針を閣議決定】健康サポート薬局を推進-調剤報酬の適正化も明記

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月24日 AM11:15

政府は21日、「経済財政運営と改革の基本方針2019」(骨太の方針)を閣議決定した。・医薬品等の改革について、調剤報酬に言及。地域のかかりつけ機能に応じた評価や対物業務から対人業務への構造転換の推進に伴う適正化を、2020年度診療報酬改定に向け検討し、調剤料などの技術料も意義の検証を行って適正評価に向けた検討を行うとし、原案同様の内容が明記されたが、健康サポート薬局の取り組みについては「一般用医薬品等の普及などによりセルフメディケーションを進めていく中で」の表現を盛り込み、OTC薬の普及と健康サポート薬局の推進を一体的に位置づけた。

骨太方針の中で、診療報酬・医薬品等の改革のうち調剤報酬は、18年度診療報酬改定の影響検証やかかりつけ機能のあり方を検討しつつ、地域のかかりつけ機能に応じた適切な評価や対物業務から対人業務への構造的転換の推進に伴う適正化など、20年度診療報酬改定に向け検討すると明記。調剤料などの技術料の意義を検証し、適正な評価に向けた検討を行うとした。そのほか、高齢者の多剤投与対策、生活習慣病治療薬の費用面も含めた適正処方のあり方について引き続き検討を進めることも盛り込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【豊中市、豊中市薬剤師会、大阪大学】健サポ薬局に「豊中モデル」-産官学の協働事業スタート
  • 【中医協総会】多剤解消等の評価で意見二分-診療側「極めて重要」、支払側「新設必要ない」
  • 【第4次安倍再改造内閣】加藤前厚労相が再登板-社会保障「しっかり議論」
  • 【覆面調査】4年連続で遵守率が低下-乱用恐れ医薬品の販売規則
  • 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定