医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 副作用報告、少なさに懸念-医師からの件数わずか1割

副作用報告、少なさに懸念-医師からの件数わずか1割

読了時間:約 1分37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月21日 AM11:30

医薬品医療機器総合機構()の運営評議会が17日に都内で開かれ、医薬品の副作用報告制度について、委員から医薬関係者の報告件数の少なさを懸念する声が上がった。特に医師からの報告数が1割と少ない現状に対し、診療報酬で評価して件数を増やすべきなどの意見が出た。

運営評議会でPMDAは、2018年度の医薬品副作用報告が企業から6万2110件、医薬関係者から9931件寄せられたことを報告。また、患者・家族からウェブサイト等を通じて報告を受け付ける制度を3月から本格的に開始したことなどを説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬連】添付文書電子化の対応強化-改正薬機法成立で検討開始
  • 【横浜労災病院薬剤部】病院業務、薬局薬剤師が応援-急場の人材不足解消に試行
  • 【中医協で支払側委員】医薬品卸大手の談合疑惑で「実勢価に影響」懸念相次ぐ
  • 【厚労省】てんかん薬投与後、飛び降り死-治験薬の副作用「否定できず」
  • 改正薬機法が成立-先駆け、条件付承認を制度化