医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【国際医療福祉大学】福岡県南部に薬学部新設へ-臨床に強い薬剤師を育成

【国際医療福祉大学】福岡県南部に薬学部新設へ-臨床に強い薬剤師を育成

読了時間:約 2分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月21日 AM11:45

国際医療福祉大学は来年4月、福岡県南部にある大川キャンパスに「福岡薬学部・薬学科」(6年制、定員120人)を新設する計画である。薬学部新設に向け、文部科学省に大学定員増の認可を求める申請を3月末に行い、4月末には学部設置届を提出した。今月末頃には承認を得られる見通しで、今後学生募集を本格化させる。同大は、まだ周辺地域では薬剤師が不足しているとし、大川市の要請もあり設置を決めた。臨床教育や多職種連携教育を充実させ、チーム医療に貢献できる臨床に強い薬剤師の育成を目指す。

武田氏

同大は、栃木県の大田原キャンパスに薬学部を設置している。定員増が承認された場合、大学にとって二つ目の薬学部になる。既に2月から、大川キャンパス内に5階建ての薬学部校舎の建設を開始しており、薬草植物園も新設する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【豊中市、豊中市薬剤師会、大阪大学】健サポ薬局に「豊中モデル」-産官学の協働事業スタート
  • 【中医協総会】多剤解消等の評価で意見二分-診療側「極めて重要」、支払側「新設必要ない」
  • 【第4次安倍再改造内閣】加藤前厚労相が再登板-社会保障「しっかり議論」
  • 【覆面調査】4年連続で遵守率が低下-乱用恐れ医薬品の販売規則
  • 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定