医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【東京都】後発品促進協議会が初会合−20年度にロードマップ策定

【東京都】後発品促進協議会が初会合−20年度にロードマップ策定

読了時間:約 1分52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月12日 PM01:00

「東京都後発医薬品安心使用促進協議会」の初会合が、7日に開催された。後発品の状況や関係社の取り組みが紹介されたほか、今後の議論の進め方、後発品に関する実態調査の実施などについて検討を行った。同協議会の座長に、順天堂大学大学院医学研究科教授の佐瀬一洋氏を選出。今年度は実態把握と課題抽出を中心に行い、これらに基づいた具体的方策としてロードマップ策定の検討を2020年度に実施する。21年度以降は、ロードマップに基づいた取り組みの展開を検討していく予定。

会議の冒頭であいさつした都保健政策部長の成田友代氏は、後発品をめぐる現状について、「政府は骨太方針において20年9月までに使用割合を80%とする目標を掲げているが、都内における後発品の使用割合は18年12月現在で73.0%(全国で45位、全国平均77.0%)となっている。国の調査によると、利用が進まない理由として、患者や医療関係者が後発品の効果や副作用に疑問を感じていることが挙げられている」と説明。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【政府】共同購入の枠組み参加-コロナワクチン、15日付で
  • 菅新内閣がスタート-田村厚労相は再登板
  • 【日本学術会議が提言】患者情報把握できる環境を-薬局での薬学的管理に必須
  • 【日薬調査】大学主導の実習連携不十分-わずか3割、課題浮き彫りに
  • 製薬大手9社、コロナワクチンで共同声明-被験者安全が最優先事項