医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 高コレステロール血症治療薬「ロスーゼット配合錠」発売-MSDとバイエル

高コレステロール血症治療薬「ロスーゼット配合錠」発売-MSDとバイエル

読了時間:約 1分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月30日 PM01:00

高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の効能・効果

MSD株式会社とバイエル薬品株式会社は5月28日、小腸コレステロールトランスポーター阻害剤とHMG-CoA還元酵素阻害剤の配合剤である「ロスーゼット(R)配合錠LD」および「ロスーゼット(R)配合錠HD」(一般名:エゼチミブ/ロスバスタチンカルシウム)を同日より発売したと発表した。


画像はリリースより

ロスーゼット配合錠は2019年3月26日に、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の効能・効果で、製造販売承認を取得した。

小腸コレステロールトランスポーター阻害剤とHMG-CoA還元酵素阻害剤の配合剤

同剤は、小腸コレステロールトランスポーター阻害剤であるエゼチミブ(製品名:ゼチーア(R)錠)とHMG-CoA還元酵素阻害剤であるロスバスタチンカルシウムを含有する配合剤。エゼチミブは、小腸においてコレステロールの吸収に関与するタンパク質(コレステロールトランスポーター)であるNiemann-pick C1 Like 1(NPC1L1)のコレステロール輸送機能を阻害することにより、小腸からの胆汁性および食事性コレステロールの吸収を阻害。ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロールの生合成経路の律速酵素であるHMG-CoA還元酵素を選択的かつ競合的に阻害することにより、コレステロールの生合成を阻害する。

動脈硬化性疾患予防ガイドラインなどの日本のガイドラインでは、高LDLコレステロール(LDL-C)血症の薬物治療の第一選択薬としてHMG-CoA還元酵素阻害剤が推奨され、それでも管理目標値に達しない場合には、併用療法等を考慮することと記されている。同剤は、高コレステロール血症患者、家族性高コレステロール血症患者にとって、新しい治療選択肢のひとつとなる。

なお、日本での販売は、MSDとバイエル薬品の両社が共同で行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • デュピクセント、中等・重症の成人・青少年ぜんそくで効果が3年持続-仏サノフィほか
  • EGFR変異陽性NSCLC、GioTagアップデート研究の最終解析結果を発表-独ベーリンガー
  • エンパグリフロジン、左室駆出率低下の心不全対象P3試験結果を発表-独ベーリンガーと米リリー
  • 多発性硬化症治療薬「メーゼント錠」発売、CYP2C9検査無償提供も開始-ノバルティス
  • 乳がん対象、PRDM14標的の核酸医薬候補「SRN-14/GL2-800」のP1試験を開始-がん研ほか