医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 益山氏が北海道薬で調査報告、副作用報告件数が大幅増-確認シート活用で早期発見

益山氏が北海道薬で調査報告、副作用報告件数が大幅増-確認シート活用で早期発見

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月24日 AM11:15

東京薬科大学薬学部薬事関係法規研究室の益山光一教授は、18、19の両日に札幌市で開かれた北海道薬学大会で講演し、患者の自覚症状から副作用を早期に発見するための「」を活用した調査結果を報告した。ハイリスク薬を服用している患者を対象に「皮膚のかゆみ」や「目のかすみ」「手足の震え」などの自覚症状を記載した確認シートを用いて「体調の変化」を尋ねたところ、患者からの副作用報告数が18件から238件と大幅に増えた。確認シートには含まれない訴えも多数含まれており、副作用の初期症状と疑われるものも含め早期発見のきっかけとなった。

益山氏

調査は、2017~18年度のAMED研究「薬局・薬剤部の機能を活用した副作用報告の推進に関する研究」(研究代表者・益山氏)の一環で行ったもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【豊中市、豊中市薬剤師会、大阪大学】健サポ薬局に「豊中モデル」-産官学の協働事業スタート
  • 【中医協総会】多剤解消等の評価で意見二分-診療側「極めて重要」、支払側「新設必要ない」
  • 【第4次安倍再改造内閣】加藤前厚労相が再登板-社会保障「しっかり議論」
  • 【覆面調査】4年連続で遵守率が低下-乱用恐れ医薬品の販売規則
  • 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定