医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【18年度モニター事業】不適切宣伝、さらに増加-エビデンスない説明が最多

【18年度モニター事業】不適切宣伝、さらに増加-エビデンスない説明が最多

読了時間:約 1分38秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月22日 PM12:00

厚生労働省は17日、医療用医薬品に関するMRやMSLなどによる広告・宣伝活動について、2018年度に全国の医療機関からモニターとして抽出した施設から報告された違反事例を公表した。64の医薬品で適切性に関する疑義報告があり、違反が疑われる項目は74件で、前年度より7件増加。MRが口頭説明や印刷物を用い、エビデンスのない説明や信頼性の欠けるデータを提供するなど、依然として製薬企業による情報提供の信頼性を損ねる違反項目が増えている実態が明らかになった。

厚労省は、医療用医薬品に関する広告活動監視モニター事業を昨年度の8カ月間で実施。全国から選んだ医療機関の薬剤師、医師などから協力を受け、MRやMSLを通じた広告・宣伝活動、講演会、製薬企業のホームページ等を対象に不適切事例を集めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【骨太方針を閣議決定】健康サポート薬局を推進-調剤報酬の適正化も明記
  • 【旭川医科大学病院薬剤部】抗薬物抗体が効果に影響か-PD-1阻害薬で前向き研究
  • 【国際医療福祉大学】福岡県南部に薬学部新設へ-臨床に強い薬剤師を育成
  • 副作用報告、少なさに懸念-医師からの件数わずか1割
  • 【日病薬】補助者の業務範囲など検討-「業務あり方検討会」を新設