医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【PMDA・藤原新理事長が初会見】アジアと規制共有に意欲-「4つのF」で業務に邁進

【PMDA・藤原新理事長が初会見】アジアと規制共有に意欲-「4つのF」で業務に邁進

読了時間:約 1分56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月15日 AM11:30

(PMDA)の藤原康弘理事長は13日、4月の就任後初めて記者会見し、新体制発足に当たって、国民が迅速に新技術にアクセスできるようにすることや薬事規制のノウハウをアジア各国と共有することなど「4つのF(ファースト)」といった方針を打ち出した。特に国際化の拡充に注力していきたい考え。今年度から第4期中期計画がスタートする中、藤原氏は「(近藤達也)前理事長が築いてきた伝統をもとに、4つのFを認識しながら業務に邁進していきたい」と抱負を語った。

藤原氏

藤原氏は、新体制発足に当たって▽ペイシェントファースト▽アクセスファースト▽セーフティファースト▽アジアファースト――の「4つのF」方針を打ち出した。「ペイシェントファースト」については、これまで以上に患者第一に考えることを目指し、「アクセスファースト」については、新技術に国民が早くアクセスできるようにする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【青森大】世界初の免疫増強剤開発へ-創薬研究所を新設
  • 【薬価部会】新薬加算対象に先駆け品-品目要件で両側委員が一致
  • 【臨床研究部会】基準の厳しさに懸念の声-中核病院要件案を議論
  • ラニチジン、自主回収相次ぐ-発癌性検出、国内製薬11社で
  • 【厚労省】モニター事業の対象拡大-薬局からも不適切活動報告