医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【PMDA・藤原新理事長が初会見】アジアと規制共有に意欲-「4つのF」で業務に邁進

【PMDA・藤原新理事長が初会見】アジアと規制共有に意欲-「4つのF」で業務に邁進

読了時間:約 1分56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月15日 AM11:30

(PMDA)の藤原康弘理事長は13日、4月の就任後初めて記者会見し、新体制発足に当たって、国民が迅速に新技術にアクセスできるようにすることや薬事規制のノウハウをアジア各国と共有することなど「4つのF(ファースト)」といった方針を打ち出した。特に国際化の拡充に注力していきたい考え。今年度から第4期中期計画がスタートする中、藤原氏は「(近藤達也)前理事長が築いてきた伝統をもとに、4つのFを認識しながら業務に邁進していきたい」と抱負を語った。

藤原氏

藤原氏は、新体制発足に当たって▽ペイシェントファースト▽アクセスファースト▽セーフティファースト▽アジアファースト――の「4つのF」方針を打ち出した。「ペイシェントファースト」については、これまで以上に患者第一に考えることを目指し、「アクセスファースト」については、新技術に国民が早くアクセスできるようにする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療薬学フォーラム】「参加・体験型」実習は不十分-円滑に進行も改善が必要
  • 田宮薬剤管理官「対人業務への流れで議論」-調剤料の20年改定見通し
  • 【大阪府薬務課】お薬手帳活用のモデル事業-後発品服薬状況、医師に伝達
  • 【JICA】キルギスで薬剤師国試創設-日本型教育モデルを導入
  • 【中医協総会】無薬局町村の問題議論-かかりつけ進まぬ現状も指摘