医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会】在宅多剤、6種類以上が6割-高齢者の療養環境別で調査

【厚労省検討会】在宅多剤、6種類以上が6割-高齢者の療養環境別で調査

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月26日 PM12:00


■睡眠薬と抗不安薬が上位

在宅療養や回復期リハビリテーション病棟など、療養環境別の高齢者の多剤服用に関する実態調査の結果が、24日の高齢者医薬品適正使用検討会で公表された。在宅療養患者で6種類以上処方されている患者は6割を占め、「特に慎重な投与を要する薬剤(PIMs)」の処方があった患者では、、利尿薬などが療養環境を問わずに上位を占めた。また、回復期リハ病棟等の入院患者の平均薬剤種類数は、入院時の約7種類から退院時まで変化があまり見られないことが明らかになった。調査結果は、来月上旬に公表予定の「高齢者の医薬品適正使用の指針・各論編(療養環境別)」に盛り込まれる。

実態調査の結果は、浜田将太医療経済研究機構主席研究員が報告したもの。それによると、在宅療養患者1211人のうち、80代後半が35%を占め、性別では女性が75%だった。平均薬剤種類数は6.5で、6種類以上処方されている患者は725人(60%)だった。PIMsの処方が行われている患者数は701人(58%)で、睡眠薬・抗不安薬313人(26%)、利尿薬276人(23%)、H2受容体拮抗薬127人(10%)の順となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案