医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【徳島大学研究グループ】高脂血症薬に新薬効か-抗癌剤誘発の腎障害を抑制

【徳島大学研究グループ】高脂血症薬に新薬効か-抗癌剤誘発の腎障害を抑制

読了時間:約 2分1秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月22日 AM11:45


■企業と共同でDR目指す

高脂血症治療剤フェノフィブラートは、抗癌剤シスプラチンによって誘発される腎障害の予防薬になる可能性があることを、徳島大学大学院医歯薬学研究部臨床薬理学分野研究室・同大学病院薬剤部の研究グループが見出した。副作用自発報告のリアルワールドデータ(RWD)を解析して候補薬を抽出。その一つである同剤を腎障害モデルマウスに投与したところ、シスプラチン誘発腎障害を有意に抑制することが明らかになった。既に製薬企業との共同研究を開始しており、同剤のドラッグリポジショニング(DR)や新薬創生につなげたい考えだ。

シスプラチンは、多くの固形癌患者の標準治療に用いられる必須の薬剤だが、腎障害の副作用が発生することが問題となっている。ただ、現時点でそれを防ぐ推奨薬は存在しないのが現状。臨床現場では、腎障害軽減のため大量輸液による水分負荷が行われているものの、患者負担が大きい上、腎障害を完全に防ぐことはできず、新たな予防法の確立が求められていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】「都市部」実施へ改正省令案-特区の遠隔服薬指導で
  • 多剤併用患者に通知書-兵庫県広域連合が新事業
  • 【ココカラファイン】マツキヨと統合協議開始-1兆円規模の業界トップへ
  • 【厚労省】消費税対応、改定薬価を告示-6121品目が引き上げへ
  • 【厚労省】「ヘプタバックス」製造問題-安定供給へ卸等に協力要請