医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 医師の9割以上が肯定的-疑義照会不要プロトコールに

医師の9割以上が肯定的-疑義照会不要プロトコールに

読了時間:約 2分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月19日 PM12:00


■大阪天王寺区で調査‐処方変更も「任せられる」

大阪市天王寺区の基幹病院5施設と薬局が疑義照会を不要とするプロトコールを導入した結果、医師の大半はこの取り組みを良いと評価していることが、5病院の医師を対象に実施したアンケート調査で分かった。薬局薬剤師の処方変更についても「任せることができる」など肯定的に捉える医師が約9割を占めた。調査をまとめた大阪赤十字病院の小林政彦薬剤部長は、「多くの医師は、業務の負担軽減効果はそれほど実感していないにも関わらず、患者さんのためになると考えており、取り組みに好意的だった」と話している。

天王寺区では2016年11月から、NTT西日本大阪病院、大阪警察病院、大阪赤十字病院、四天王寺病院、早石病院の五つの基幹病院と薬局が連携して策定したプロトコールに基づき、これまで疑義照会として薬局薬剤師が医師に問い合わせていた内容の一部を不要とし、事後報告で済ませる取り組みが始まった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】「都市部」実施へ改正省令案-特区の遠隔服薬指導で
  • 多剤併用患者に通知書-兵庫県広域連合が新事業
  • 【ココカラファイン】マツキヨと統合協議開始-1兆円規模の業界トップへ
  • 【厚労省】消費税対応、改定薬価を告示-6121品目が引き上げへ
  • 【厚労省】「ヘプタバックス」製造問題-安定供給へ卸等に協力要請