医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【アステラス製薬】AI創薬の本格運用開始-一部工程をほぼ半分に短縮

【アステラス製薬】AI創薬の本格運用開始-一部工程をほぼ半分に短縮

読了時間:約 2分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月01日 PM12:30


■実験減らし全体最適化

アステラス製薬は、)を活用した創薬の本格的運用をスタートさせた。研究開発費の低減や研究開発スピードの向上が求められる中、AIで高速化・効率化を図ると共に、研究者の経験と勘では着想できないアイデアから革新的新薬を生み出す。過去に蓄積した化合物の合成データをもとに、標的蛋白質と親和性が高く、毒性を回避できる化合物を自動的に設計する技術や薬理・毒性試験を一部代替する技術を確立。一部のプロセスでは、従来に比べほぼ半分の期間で期待する成果が得られた。今後は、創薬プロセス全体をAIと組み合わせることで、これまで非臨床段階で実施していた実験を減らし、短期間で新規化合物の臨床試験入りが可能になるよう経験値を積み上げたい考えだ。

同社では、全社的にAIやビッグデータの利活用を目指しているが、最も先行している領域が創薬分野だ。現在は、▽AIを用いた化合物特性予測の高精度化▽AIによる分子設計▽AIによる化合物構造変換のパターン認識▽AIによるセンサーデータ解析――の4段階でAIの導入が始まっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価
  • 【厚労省】小児組み入れで留意点-医薬品開発の効率化促す
  • 統合イノベーション戦略推進会議、バイオ戦略で基盤施策-新型コロナ対応を追記
  • 【千葉大病院/理研】iPS由来細胞を初投与-頭頸部癌の医師治験開始へ
  • 製品評価技術基盤機構、次亜塩素酸水、コロナに有効-「十分な濃度と使用量」が前提