医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 「FoundationOne CDxがんゲノムプロファイル」で業務提携-中外製薬とみらかHD

「FoundationOne CDxがんゲノムプロファイル」で業務提携-中外製薬とみらかHD

読了時間:約 1分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月22日 AM11:45

次世代シークエンサーを用いた網羅的がん関連遺伝子解析システム

中外製薬は3月19日、みらかホールディングス株式会社の連結子会社である株式会社エスアールエル()と中外製薬が、中外製薬の遺伝子変異解析プログラム「FoundationOne(R)CDxがんゲノムプロファイル」について、業務提携契約を締結したと発表した。同契約のもと、SRLは同プログラムを利用する医療機関から検査を受託する。

FoundationOneCDxがんゲノムプロファイルは、次世代シークエンサーを用いた網羅的がん関連遺伝子解析システム。遺伝子変異解析プログラム(がんゲノムプロファイリング検査用)と、体細胞遺伝子変異解析プログラム(抗悪性腫瘍適応判定用)から構成されており、がん関連遺伝子のゲノムプロファイリング機能として、患者の腫瘍組織を用いて、固形がんに関する324のがん関連遺伝子の変異情報などを一度の検査で網羅的に調べることが可能。

バイオマーカーとして、MSIの判定やTMBの算出も

コンパニオン診断の機能としては、国内で承認されている各分子標的薬の適応判定の補助として使用することが可能。また、がん免疫療法の有効性との関連が報告されているバイオマーカーとして、マイクロサテライト不安定性(Microsatellite Instability:)の判定や、腫瘍の遺伝子変異量(Tumor Mutational Burden:)の算出を行う。

なお、業務提携によるみらかHDの2019年3月期の連結業績に与える影響、また、中外製薬の2019年12月期の連結業績に与える影響は、ともに軽微としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 生体軟組織の電気分極を発見し画像化に成功、新規診断ツール開発に期待-東京農工大
  • 腫瘍組織モデルに「血流」を再現、生体外での薬剤評価ツールとして期待-京大ら
  • 「G4A Tokyo Dealmaker 2019」コラボレーション企業を発表-バイエル
  • 医師向け「CONNECT-LR」、直腸がん局所再発患者の治療法を専門医にウェブ相談-国がん
  • 敗血症患者に有効な抗菌薬を迅速に選択する新技術を開発-富山大と日立