医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬剤師の配置基準見直し‐宮本医薬局長「一律処方箋40枚に合理性ない」

薬剤師の配置基準見直し‐宮本医薬局長「一律処方箋40枚に合理性ない」

読了時間:約 2分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月20日 PM04:40


■数字ありきの議論にはクギ

厚生労働省医薬・生活衛生局の宮本真司局長は、本紙の取材に、薬剤師に対する服薬期間中のフォローの義務付けや、機能別の薬局の知事認定制度などを盛り込んだ医薬品医療機器法(薬機法)改正に伴い、「処方箋40枚につき薬剤師1人」を薬局に置く省令を見直す考えを明らかにした。宮本氏は、薬機法改正で地域の特性に応じた機能を持つ薬局が出てくることなどを踏まえ、「一律で40枚ということの合理性がない」と指摘。ただ、見直しに当たっては「40枚より増やすとか、減らすとかそういう簡単な話ではない」とし、調剤業務の機械化や地域の人口構造の変化などを踏まえ、「考え方の整理が必要になる」との認識を示した。

現行の省令では、1日平均40枚の院外処方箋に対して薬局に薬剤師を1人配置することを求めているが、宮本氏は「薬局の業務が『モノからヒトへ』という流れになったとき、一体、薬剤師は何をすべきかということになるし、調剤の中で薬剤師がどこまでを担うのかという話も出てくる」と指摘。そうした中で、「処方箋枚数の制限を40枚とか単なる数字で捉えることは疑問」との認識を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省が初公表】患者から副作用報告83件-精神神経、抗不安剤が最多
  • 【京都桂病院】PBPMで呼吸機能改善-薬剤師が吸入デバイスを選択
  • 社会保障審議会医療部会、20年度改定方針で骨子案-院内薬剤師業務の評価明記
  • 田辺三菱製薬、上場廃止へ-三菱ケミHDが完全子会社化
  • 【中医協総会】重複投薬解消へ連携評価-支払側は「結果」求め難色