医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【大阪府立大】創薬研究者の育成を強化-専門教育課程を設置へ

【大阪府立大】創薬研究者の育成を強化-専門教育課程を設置へ

読了時間:約 1分41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月08日 AM10:30

大阪府立大学は創薬研究者の育成に力を入れるため、創薬専門の教育課程を2020年度に設置する。履修の選択は自由だが、全学域(学部)の学生が、専攻分野にプラスして創薬を学べる少人数制のカリキュラムを新たに設ける考え。学生は、異なる学部の創薬関連科目を受講したり、各学部の研究室で関連実習を受けたりして知識や技術を身につける。学内では既にバイオ医薬品など生命科学領域の研究が実践されており、その実績を土台にして創薬研究者を育てる。

新しいカリキュラムの名称は「創薬科学副専攻」。基礎研究から製剤技術、薬事承認まで学習する「創薬概論」、学内の各研究室で行われる「創薬科学実習」など新規5科目を開講する。そこに、理学や農学、獣医学など各学部が持つ創薬関連科目を加えて、体系的に学べる教育課程として再構成する。20年度に入学した全学部の学生を対象に希望を募る。1学年あたり25人程度の履修を見込んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】違う剤形区分、個別判断-後発品規格揃えで再見解
  • 【厚労省】外来医療に薬剤師の役割-継続服薬指導など記載
  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証
  • 鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」
  • 【官民対話】中間年改定「慎重対応を」-国主導のAMR対策要望