医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【PMDA】不適切な兼業で職員解雇-勤務中に論文翻訳、有料で

【PMDA】不適切な兼業で職員解雇-勤務中に論文翻訳、有料で

読了時間:約 1分38秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月06日 AM10:30

)は1日、係長級の職員が製薬企業等との利害関係のある不適切な兼業を行っていたとして、2月28日付で懲戒解雇したことを明らかにした。2004年の設立以降、職員の懲戒解雇処分は初めてで、昨年10月頃から勤務時間中に翻訳業務などを有料で行っていた。申請企業に関する情報漏洩は確認されておらず、PMDAは再発防止策として、就業規則の見直しや問題行動が見られる職員の通報窓口設置などを検討している。

今回の事案は、17年9月から昨年12月にかけて、国際部門に所属する係長級職員の勤務態度が不良であり、業務に支障が見られたことから、態度改善に向けた指導を実施。その際、パソコンやメール内容などを確認したところ、不適切な兼業が発覚したもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 薬剤師の配置基準見直し‐宮本医薬局長「一律処方箋40枚に合理性ない」
  • 【国際医療AMRセンター】抗菌薬販売量が前年比4%減‐13年比11%減、最小販売量に
  • 【臨床研究部会】臨床研究・治験推進で中間案-活性化策の予算措置検討へ
  • 【厚労省検討会議】IBS改善薬のスイッチ「可」-医療機関で診断後を条件に
  • 【日薬臨時総会】薬剤師以外ができる業務、森副会長「明確化できない」