医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 事件・事故 > エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」にアセタゾラミドが混入か-沢井

エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」にアセタゾラミドが混入か-沢井

読了時間:約 1分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月05日 PM12:30

使用中止と回収を発表、原薬メーカーの製造段階で混入か

沢井製薬株式会社は3月4日、同社製品のエカベトNa顆粒66.7%「サワイ」について、使用中止と回収のお知らせを同社ホームページに掲載した。

エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」は、2008年7月より沢井製薬が発売している胃炎・胃潰瘍治療剤。今回、同製品について、同社では取り扱いのないアセタゾラミドが、ごく微量混入しているとの情報提供があったという。アセタゾラミドは1958年8月に販売開始された薬で、現在も緑内障など多様な疾患に使用されており、ドーピング禁止薬物に指定されている。

同社は情報提供に基づき、アセタゾラミドが原薬メーカーの製造段階で混入したのではないかと考え、調査を実施。結果が判明するまでの間、同製品の使用を中止するよう呼び掛けるとともに、万全を期すために自主回収するとしている。なお、仮にアセタゾラミドが混入していた場合でもごく微量であるため、同製品の有効性・安全性に影響を与えるものではなく、健康被害をおよぼすものではないという。

本件では、エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」を服用したレスリング競技者からドーピング禁止薬物であるアセタゾラミドが検出され、ドーピング違反と認定されていた。沢井製薬はこの事態を招いたことを真摯に受け止め、事実関係の調査と誠意をもった対応を行うとしており、ニュースリリースで「皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけ致しますこと心より深くお詫び申し上げますと共に、原因究明を進めておりますので、調査結果が分かり次第、速やかに皆様にご報告させていただきます」と述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 事件・事故

  • エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」にアセタゾラミドが混入か-沢井
  • 【ディオバン裁判】検察側、東京高裁判決を不服として最高裁に上告
  • 【速報】【ディオバン裁判】東京高裁 元社員、ノバルティス社への控訴を棄却
  • 【ディオバン問題】NAGOYA HEART Study追加調査、論文撤回が妥当と判断
  • 【ディオバン裁判】判決が意味するものとは~ジャーナリスト・村上和巳の傍聴レポート(後編)