医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日病薬臨時総会】回復期の病棟加算対象求める-療養8週制限、撤廃の声強く

【日病薬臨時総会】回復期の病棟加算対象求める-療養8週制限、撤廃の声強く

読了時間:約 2分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月27日 AM10:15


■20年度改定へ要望事項

日本病院薬剤師会は、2020年度診療報酬改定に向けた要望事項案をまとめ、23日に都内で開いた臨時総会で報告した。重点要望事項では、「病棟薬剤業務実施加算」について、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟、有床診療所を算定対象とすることや、療養・精神病棟での8週制限の緩和を挙げたほか、抗菌薬適正使用支援加算の施設基準の要件緩和、周術期のチーム医療評価などを打ち出した。出席した代議員からは、病棟薬剤業務実施加算の算定対象の拡大を求める声が上がり、療養・精神病棟での8週制限の撤廃については、「現状にそぐわない。最優先で取り組んでもらいたい」との要望が出た。

日病薬では、重点事項として、「病棟薬剤業務実施加算の算定対象拡大」(回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟、有床診療所)、「薬剤管理指導・退院時薬剤情報管理指導料の出来高払いへの移行」、「薬剤総合評価調整加算における連携管理加算の新設」を打ち出したほか、現行で常勤の薬剤師2名以上となっている薬剤管理指導料の施設基準について、「常勤薬剤師1名を含む常勤換算薬剤師2名以上」でも算定できることを目指し、要件緩和を求める方針。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【製薬協/NCBN】新薬創出へ産学官共同研究-疾患別情報統合DBを構築
  • 【厚労省】1年以上の勤務など要件-常勤薬剤師は半数以上
  • 厚生労働省・大麻等の薬物対策のあり方検討会、大麻規制のあり方を議論-厚労省検討会が初会合
  • 東京都薬事審議会、6月から認定申請を受付-薬局認定のプロセス案了承
  • 【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増