医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 【FDA】サプリメントの規制強化計画を発表

【FDA】サプリメントの規制強化計画を発表

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月22日 AM10:00

米国でサプリメントの規制強化へ

米食品医薬品局()は2月11日、ビタミンやミネラル、ハーブなどのサプリメント製品の規制を強化する計画を発表した。この計画について、FDA長官のScott Gottlieb氏は「過去25年以上の歴史の中で、サプリメントの規制や監視に関する最も重要な動きの一つとなるだろう」とニュースリリースで述べている。


画像提供HealthDay

米国では、国民の4人中3人がなんらかのサプリメントを定期的に摂取しており、子どもでも3人中1人が摂取している。また、高齢者では5人中4人と摂取率が最も高い。

Gottlieb氏によれば、サプリメント業界の市場規模はかつての40億ドルから現在は400億ドルにまで拡大した。製品数も約4,000点から5万点超にまで増え、現在、消費者が入手できる製品数は8万点以上ともみられている。サプリメントの普及に伴い、危険性がある製品や実証されていない健康効果を謳った製品、消費者の誤解を招く情報とともに販売される製品が増えたという。

今回のFDAの発表を受け、サプリメントの業界団体である栄養評議会(Council for Responsible Nutrition)会長兼CEO(最高経営責任者)のSteve Mister氏は「未承認の成分が含まれた製品を販売し、消費者をリスクにさらしている一部の悪徳業者の一掃を目指したGottlieb氏の熱意を支持したい」と話し、歓迎の意を表明している。

新たな対策には、市場に出回っているサプリメントに問題が懸念される場合には、国民に対して迅速に情報を提供することなどが含まれる。また、「製品の安全性を適切に評価する一方で、革新を促すことができる、柔軟性を持った規制の枠組みとする」とGottlieb氏は説明している。

規制強化に向けFDAがみせた最初の動きは、アルツハイマー病など重度の疾患の予防や治療に有効であることを謳った未承認の製品を違法に販売する企業に対し、警告通知を行ったことだ。Gottlieb氏は「サプリメントの効果が実証されれば、消費者の健康に有益な可能性があると主張することができる。しかし、アルツハイマー病などの疾患を予防し、治療や治癒に有効だと主張することは許されていない」と説明する。

また、Gottlieb氏は、FDAのサプリメントに関する新たな取り組みの一環として、さまざまな関係機関の代表メンバーで構成されるワーキンググループの設立を主導している。同氏は「表示された成分のみが確実に含まれ、品質基準を満たした安全なサプリメントが製造、販売されるようにすることを優先課題とされる」としている。

FDAではそのほか、違法薬物などを含有するサプリメントをより厳しく取り締まるために効果的な規制の導入や、サプリメントに含まれる成分の届け出に関わるコンプライアンス・ポリシーの改訂、業界における責任ある新製品開発のあり方について話し合う公開討論会の開催などを計画している。さらに、産学官で植物由来の成分や、植物成分が含まれたサプリメントの安全性を評価することを目的としたコンソーシアムを立ち上げるという。(HealthDay News 2019年2月11日)

▼外部リンク
FDA to Tighten Oversight of Supplements

HealthDay
Copyright (C) 2018 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • グルコサミンって効果ある?46万人を調べた結果は…
  • 失明の恐れも。急増する「眼の帯状疱疹」とは?
  • 耳に装着するだけで不整脈をコントロール!? 驚きの未来技術とは
  • 注意!電子タバコの多くに病原菌が混入している可能性
  • たったこれだけ。脳年齢を1歳若返らせる簡単な方法が判明