医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 従来の約2倍の追従性と約1.4倍の耐圧強度を有する肺手術用接着剤を開発-物財機構

従来の約2倍の追従性と約1.4倍の耐圧強度を有する肺手術用接着剤を開発-物財機構

読了時間:約 1分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月20日 PM02:30

肺表面の胸膜欠損部の閉鎖補助材料として期待

(NIMS)と筑波大学は2月19日、肺表面の欠損を閉鎖する接着剤として、従来材料の約2倍の追従性と約1.4倍の耐圧強度を有する新たな接着剤を開発したと発表した。この研究開発は、NIMS機能性材料研究拠点バイオ機能分野の田口哲志グループリーダーと筑波大学医学医療系呼吸器外科の佐藤幸夫教授らによるもの。研究成果は、「Annals of Thoracic Surgery」に掲載されている。


画像はリリースより

現在、肺がんなどによる肺切除手術後における肺表面の胸膜欠損部の閉鎖補助材料としては、血液由来成分を用いたフィブリン接着剤が頻用されている。しかし、生体への親和性が高い一方で、組織や臓器に対する接着強度が低く、また呼吸に伴う肺の拡張・収縮に対する追従性が不十分だった。

生体組織の修復に伴い体内で分解・吸収される特性も

研究グループはこの問題を解決すべく、低温・高濃度で流動性を示すスケソウダラ由来のゼラチンに、疎水基のひとつであるデカノイル基を化学装飾したデカノイル化タラゼラチンと、臨床使用実績のあるポリエチレングリコール系架橋剤を用いて接着剤を開発。ブタ摘出肺に形成した欠損の閉鎖が可能か検討を行った。

ブタ摘出肺の一定面積(900mm2)に同接着剤を塗布して肺を拡張したところ、表面積が2.9倍になるまで剥離せず、フィブリン接着剤の約2倍の追従性を示した。さらに、ブタ摘出肺に直径10mmの穴をあけて同接着剤を適用すると、フィブリン接着剤の約1.4倍の耐圧強度を示した。また、患部に適応後5秒以内に硬化し、生体組織の修復に伴い体内で分解・吸収される特性もあるという。

これらの結果から、開発した接着剤は高い耐圧強度に優れ、呼吸時における肺の退席変化に追従する優れた性能を有することが明らかとなった。

研究グループは、「開発した外科用接着剤は、肺がん手術後の医療用材料としての応用が期待される。今後、前臨床試験および生物学的安全試験を行い、実用化に向けた研究開発を進めていく」と、述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • インフルエンザウイルス感染時の解熱の必要性を明らかに-東北大
  • パーキンソン病の発症・進行を抑制する新規核酸医薬を開発-阪大ら
  • 脳内のK+クリアランス促進が脳卒中後の損傷拡大を抑制する仕組みを解明−理研ら
  • 運転技能向上トレーニング・アプリを開発、高齢者の自動車運転技能と認知力が向上-東北大
  • HPV関連中咽頭がん、ゲノム・エピゲノム異常の全体像解明に成功、病態解明に大きな進展—東大病院