医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【製薬協委員会が調査】ほぼ半数企業がAI導入-創薬部門で多く活用、人材やデータ不足が課題に

【製薬協委員会が調査】ほぼ半数企業がAI導入-創薬部門で多く活用、人材やデータ不足が課題に

読了時間:約 2分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月15日 AM10:00


■製薬協委員会が調査

製薬企業34社を対象に人工知能()の導入状況を聞いたところ、ほぼ半数となる16社でAIを導入していたことが、日本製薬工業協会医薬品評価委員会データサイエンス部会の調査で分かった。導入済み企業では、AIの導入支援をする全社組織や勉強会、プロジェクトの設置など、AIに関連した活動が全社展開されている傾向にあり、部門ごとで見ると創薬部門で多く導入されていた。未導入企業でも、「導入を決定」「導入を検討中」「今後、検討を予定」が半数以上を占めるなど関心が高く、今後業界内でAI導入・活用が加速する可能性が出ている。ただ、成果の創出に向けては、AIの研究開発を行う人材やAIの構築に必要なデータが不足しているとの課題が浮き彫りになっているようだ。

同部会では、国内製薬企業におけるAIの導入状況や課題を把握するため、昨年9月6日から10月12日の期間で、65社を対象にアンケート調査を実施し、外資系5社を含む34社108部門から回答を得た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【ココカラファイン】マツキヨと統合協議開始-1兆円規模の業界トップへ
  • 【厚労省】消費税対応、改定薬価を告示-6121品目が引き上げへ
  • 【厚労省】「ヘプタバックス」製造問題-安定供給へ卸等に協力要請
  • 【愛知県】松浦薬業に業務停止34日-漢方製剤の製造記録偽造
  • 田中監麻課長「販売活動指針で追跡調査」-10月施行の社内体制整備