医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【ファイザー】高血圧症治療薬を自主回収-バルサルタンで発癌性物質を検出

【ファイザー】高血圧症治療薬を自主回収-バルサルタンで発癌性物質を検出

読了時間:約 1分27秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月13日 AM10:15

ファイザーは7日、高血圧症治療剤「アムバロ配合錠『』」(一般名:/アムロジピンベシル酸塩配合錠)の自主回収(クラスI)を開始した。サルタン系医薬品の製造販売企業に対して、N-ニトロソジエチルアミン()、N-ニトロソジメチルアミン()に関する発癌性リスクの管理が求められる中、同社が製造販売する全てのバルサルタン原薬を調査したところ、海外原薬製造所で製造された原薬2バッチで発癌性リスクを否定できないNDEA、NDMAを検出したため。現段階では健康被害の報告はないという。

今回、自主回収の対象製品となるのは、製造番号「X66074」「AF1679」「X66073」「X66072」「X62678」の5ロット。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日病薬】補助者の業務範囲など検討-「業務あり方検討会」を新設
  • 【PMDA委員会】先駆け審査制度に慎重意見-「ゾフルーザ」の耐性問題で
  • 【薬事日報調査】6年制大学院、約6割が定員割れ-11校で進学者がゼロに
  • 【関西医大】臨床試験費、ネットで公募-膵がん治療法を保険適用へ
  • 【中医協総会】遠隔服薬指導に厳しい意見-医師委員「留意点の整理を」