医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】調剤基本料1点引き上げ-一包化、無菌加算も上乗せ

【中医協総会】調剤基本料1点引き上げ-一包化、無菌加算も上乗せ

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月08日 AM10:15


■調剤報酬改定案示す

厚生労働省は、6日の中央社会保険医療協議会総会に今年10月の消費税率10%への引き上げに伴い、上乗せする診療報酬の個別項目と点数を示した。消費税増税によって増える医療機関・薬局の仕入れコスト負担を緩和するため、調剤報酬では、すべての調剤基本料(41点、25点、20点、15点、10点)の点数を1点引き上げ、一包化加算、無菌製剤処理加算の各項目の点数を上乗せする。また、現行で280点の「かかりつけ薬剤師包括管理料」の点数も1点引き上げる。

今回の消費税対応改定では、調剤については財源の大半を薬の在庫確保や管理を行ったりするための費用となる「基本料」の引き上げに充て、残りを補完的に個別項目に上乗せする方針が決まっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】ステミラックの保険適用了承-算定薬価は1回1496万円
  • 【厚労省】CAR-T療法、国内初上陸-「キムリア」が来月にも承認へ
  • 【厚労省】ボツリヌス毒素量が規格外-安全に問題なし、新ロット提供
  • 電カル情報、多施設で集積-阪大病院など19施設、製販後調査や創薬に活用可
  • 【厚科審部会で論点】臨床研究、国費を重点化-民間資金の一層活用促す