医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 外用薬の開始を薬剤師が指示-京都府南丹地域の病院と薬局、副作用早期対応でPBPM

外用薬の開始を薬剤師が指示-京都府南丹地域の病院と薬局、副作用早期対応でPBPM

読了時間:約 2分48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月06日 AM10:30

京都府南丹地域の基幹病院、(南丹市、464床)と同地域にある12薬局は昨年9月から「プロトコールに基づく薬物治療管理」(PBPM)に沿って、経口抗がん剤「」の副作用を早期に発見して対応する取り組みを開始した。同院の医師が予め合意した取り決めに基づいて薬局薬剤師は、患者の状況を電話などで定期的に確認し、同剤の副作用である手足症候群がグレード2に達したと判断した場合、その都度医師に確認することなく、ステロイド外用薬の使用開始を患者に指示する。次回受診日を待たなくてもすぐに対応できるため、副作用の重篤化防止や治療継続に役立つという。

京都府薬剤師会の薬薬連携事業として、南丹市と京丹波町の薬局が所属する船井薬剤師会と協力して試行的に始めたもの。医師の合意のもと具体的な手順を盛り込んだプロトコールを同院で策定。薬局と確認書を交わして事業を開始した。手上げ方式で現在、12薬局がこの事業に参加している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】「都市部」実施へ改正省令案-特区の遠隔服薬指導で
  • 多剤併用患者に通知書-兵庫県広域連合が新事業
  • 【ココカラファイン】マツキヨと統合協議開始-1兆円規模の業界トップへ
  • 【厚労省】消費税対応、改定薬価を告示-6121品目が引き上げへ
  • 【厚労省】「ヘプタバックス」製造問題-安定供給へ卸等に協力要請