医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 外用薬の開始を薬剤師が指示-京都府南丹地域の病院と薬局、副作用早期対応でPBPM

外用薬の開始を薬剤師が指示-京都府南丹地域の病院と薬局、副作用早期対応でPBPM

読了時間:約 2分48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月06日 AM10:30

京都府南丹地域の基幹病院、(南丹市、464床)と同地域にある12薬局は昨年9月から「プロトコールに基づく薬物治療管理」(PBPM)に沿って、経口抗がん剤「」の副作用を早期に発見して対応する取り組みを開始した。同院の医師が予め合意した取り決めに基づいて薬局薬剤師は、患者の状況を電話などで定期的に確認し、同剤の副作用である手足症候群がグレード2に達したと判断した場合、その都度医師に確認することなく、ステロイド外用薬の使用開始を患者に指示する。次回受診日を待たなくてもすぐに対応できるため、副作用の重篤化防止や治療継続に役立つという。

京都府薬剤師会の薬薬連携事業として、南丹市と京丹波町の薬局が所属する船井薬剤師会と協力して試行的に始めたもの。医師の合意のもと具体的な手順を盛り込んだプロトコールを同院で策定。薬局と確認書を交わして事業を開始した。手上げ方式で現在、12薬局がこの事業に参加している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 認知症施策で官民協議会-発症後も生活できる社会へ
  • 【岐阜薬大】研究重視で学生の質向上-稲垣学長、「新6年制」一本化に自信
  • 【徳島大学研究グループ】高脂血症薬に新薬効か-抗癌剤誘発の腎障害を抑制
  • 【立命館大学創薬科学研究センター】産学連携ラボ新設を構想-創薬領域の共通課題解決へ
  • 医師の9割以上が肯定的-疑義照会不要プロトコールに