医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【18年上期の薬局ヒヤリ・ハット】疑義照会で阻止例48%に-参加薬局も2万軒超に急増

【18年上期の薬局ヒヤリ・ハット】疑義照会で阻止例48%に-参加薬局も2万軒超に急増

読了時間:約 1分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月04日 AM10:30

日本医療機能評価機構は1月31日、2018年1~6月までの薬局ヒヤリ・ハット事例をまとめた報告書を公表した。18年度診療報酬改定で新設された「」で薬局の医療安全の取り組みが施設基準の一つになったことを受け、参加薬局数は前年同期の8971軒から2万4206軒に急増。報告件数も2万0584件と前年同期の2627件から大幅に増加し、特に疑義照会関連が47.8%と5割に迫った。参加薬局数の急増を背景に、薬剤師が水際で事故を防いでいる事例が一層増えているようだ。

昨年上半期に報告されたヒヤリ・ハット事例は、調剤関連が1万0653件(51.8%)と前年同期の1728件(65.8%)よりも件数は約6倍も増えたものの、割合は約14%減少。一方で、疑義照会関連が9831件(47.8%)と4割を突破し、前年同期の886件(33.7%)から1割以上増えて約5割に迫る勢いとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】ステミラックの保険適用了承-算定薬価は1回1496万円
  • 【厚労省】CAR-T療法、国内初上陸-「キムリア」が来月にも承認へ
  • 【厚労省】ボツリヌス毒素量が規格外-安全に問題なし、新ロット提供
  • 電カル情報、多施設で集積-阪大病院など19施設、製販後調査や創薬に活用可
  • 【厚科審部会で論点】臨床研究、国費を重点化-民間資金の一層活用促す