医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【18年上期の薬局ヒヤリ・ハット】疑義照会で阻止例48%に-参加薬局も2万軒超に急増

【18年上期の薬局ヒヤリ・ハット】疑義照会で阻止例48%に-参加薬局も2万軒超に急増

読了時間:約 1分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月04日 AM10:30

日本医療機能評価機構は1月31日、2018年1~6月までの薬局ヒヤリ・ハット事例をまとめた報告書を公表した。18年度診療報酬改定で新設された「」で薬局の医療安全の取り組みが施設基準の一つになったことを受け、参加薬局数は前年同期の8971軒から2万4206軒に急増。報告件数も2万0584件と前年同期の2627件から大幅に増加し、特に疑義照会関連が47.8%と5割に迫った。参加薬局数の急増を背景に、薬剤師が水際で事故を防いでいる事例が一層増えているようだ。

昨年上半期に報告されたヒヤリ・ハット事例は、調剤関連が1万0653件(51.8%)と前年同期の1728件(65.8%)よりも件数は約6倍も増えたものの、割合は約14%減少。一方で、疑義照会関連が9831件(47.8%)と4割を突破し、前年同期の886件(33.7%)から1割以上増えて約5割に迫る勢いとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 認知症施策で官民協議会-発症後も生活できる社会へ
  • 【岐阜薬大】研究重視で学生の質向上-稲垣学長、「新6年制」一本化に自信
  • 【徳島大学研究グループ】高脂血症薬に新薬効か-抗癌剤誘発の腎障害を抑制
  • 【立命館大学創薬科学研究センター】産学連携ラボ新設を構想-創薬領域の共通課題解決へ
  • 医師の9割以上が肯定的-疑義照会不要プロトコールに