医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【17年度指導監査】1薬局が保険取り消し相当-無資格者調剤で不正請求

【17年度指導監査】1薬局が保険取り消し相当-無資格者調剤で不正請求

読了時間:約 1分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月21日 AM10:15

厚生労働省は18日、2017年度の保険医療機関と保険薬局の指導・監査等の実施状況を公表した。神戸市の1薬局が保険指定の取り消し相当処分となったものの、指定取り消しを受けた薬局はなく、保険薬剤師の登録取り消し処分となった薬剤師もいなかった。指導・監査による調剤報酬の返還額は約3億円で、前年度とほぼ同額だった。

調剤報酬に関わる個別指導を実施した保険薬局は1675件、薬剤師は2440人、新規個別指導を行った保険薬局は2356件、薬剤師は3323人、集団的個別指導を行った保険薬局は3827件、適時調査を行った保険薬局は1件、監査を行った保険薬局は8件、薬剤師は40人だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】違う剤形区分、個別判断-後発品規格揃えで再見解
  • 【厚労省】外来医療に薬剤師の役割-継続服薬指導など記載
  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証
  • 鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」
  • 【官民対話】中間年改定「慎重対応を」-国主導のAMR対策要望