医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 【米国】爪の画像とスマホアプリで貧血診断が可能に?

【米国】爪の画像とスマホアプリで貧血診断が可能に?

読了時間:約 1分59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月18日 AM10:00

爪の写真で貧血を診断するスマホアプリを開発

スマートフォンのアプリで指の爪を撮影するだけで、貧血を診断できるようになるかもしれない-。米エモリー大学小児科准教授のWilbur Lam氏らは、撮影した爪の画像を読み取るだけで血中ヘモグロビン値を推定し、貧血を診断できるスマートフォンアプリを開発したと、「Nature Communications」12月4日オンライン版に発表した。このアプリは爪の根元の画像の色から血中ヘモグロビン値を分析するもの。ただし、現時点ではスクリーニング目的の使用に限定され、貧血の診断に用いることはできないという。


画像提供HealthDay

今回の研究では、貧血のある人とない人を含めた計237人のデータを用いて、爪の根元を撮影した画像の色を血中ヘモグロビン値に変換するアルゴリズムを開発した。なお、爪を用いた理由は、爪にはメラニン色素を作り出す皮膚細胞がないためだという。また、このアプリを用いれば、慢性的な貧血に悩まされる患者は自分自身でヘモグロビン値をモニターし、治療や輸血が必要かどうかを判断する材料の一つになる可能性がある。Lam氏らは「何よりもこのアプリには副作用や合併症がない」と話している。

貧血がある人は世界で20億人に達するとされる。貧血を治療せずに放置すると、全身の倦怠感や顔面蒼白などの症状が現れ、心臓障害に至ることもある。また、貧血の診断には血液検査が必要とされるのが一般的だが、Lam氏は「このアプリを活用すれば、侵襲的な方法を用いずとも同じくらいの精度で貧血を診断できる」と説明している。

Lam氏によれば、このアプリは妊婦や経血量の多い女性、スポーツ選手などのほか、医療資源が限られる開発途上国でも役立つ可能性がある。早ければ2019年春にはダウンロードして使用できるようになる予定だという。

開発チームの一人であるRob Mannino氏は、自らも「」と呼ばれる遺伝性の血液疾患を抱えている。治療には輸血を毎月行う必要があり、頻繁にヘモグロビン値を測定することが望ましい。しかし、頻繁に通院することは実際には難しく、ヘモグロビンの測定値の変動をみながら、主治医が輸血を必要とする時期を推定するしかないという。なお、同氏は、輸血前後の写真を提供するなどして、アルゴリズムの精度向上に大きく貢献した。

小児の貧血治療に詳しい米ハンチントン病院のMichael Grosso氏は、この新技術の有望性を認める一方、軽症の鉄欠乏症などを見逃す可能性があるのではとの懸念を示している。しかし、Lam氏らは、さまざまなタイプの患者を対象にさらなる研究を実施しており、アプリによる貧血診断の感度と精度は今後、向上していくはずだと述べている。

この研究は、全米科学財団(NSF)および米国立衛生研究所(NIH)により一部支援を受けて実施された。LamとManninoの両氏は開発したアプリの特許を申請している。(HealthDay News 2018年12月5日)

▼外部リンク
An App, Your Fingernail — and Anemia Screening Is Done

HealthDay
Copyright (C) 2018 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 映画館や劇場などに出かける機会が多い高齢者ほど、抑うつリスクが低い可能性
  • 【米国】2018年の注目医療系ニュースまとめ
  • 再入院へのペナルティーで退院後30日以内の死亡率が上昇
  • IBD男性患者は前立腺がんの罹患リスクが高い可能性
  • 一部の前立腺がんでは待機療法よりも前立腺全摘除術の方が有効な可能性