医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】後発品246品目を薬価収載-トラムセットに23社が参入

【厚労省】後発品246品目を薬価収載-トラムセットに23社が参入

読了時間:約 2分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月14日 AM10:30


■AGは初後発のルナベルなど

厚生労働省は14日、246品目を薬価基準に収載する。初の後発品収載は、抗うつ剤「ミルタザピン」(:リフレックス/レメロン=/MSD)など14成分130品目。新規収載希望が10品目を超えた内用薬を先発品の「0.4がけ」とするルールは2成分に適用され、多くの企業が参入する大型製品は少なかった。また、先発品メーカーから特許使用の許可を得て後発品として発売するオーソライズドジェネリック(AG)は、初後発に限ると「ノルエチステロン・エチニルエストラジオール」()、「シロドシン」(ユリーフ=)など3成分6品目が収載される(表参照)

今回、薬価収載の希望品目は246品目で、安定供給上の不安や採算上の理由、企業の都合による取り下げはなかったことから、74成分134規格246品目が全て収載された。

収載状況の内訳を見ると、内用薬が49成分95規格199品目、注射薬が11成分19規格22品目、外用薬が15成分20規格25品目となった。歯科用薬剤はなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療薬学フォーラム】「参加・体験型」実習は不十分-円滑に進行も改善が必要
  • 田宮薬剤管理官「対人業務への流れで議論」-調剤料の20年改定見通し
  • 【大阪府薬務課】お薬手帳活用のモデル事業-後発品服薬状況、医師に伝達
  • 【JICA】キルギスで薬剤師国試創設-日本型教育モデルを導入
  • 【中医協総会】無薬局町村の問題議論-かかりつけ進まぬ現状も指摘