医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 内部統制システム、検討・共有の場に-薬局コンプライアンス研究会が発足

内部統制システム、検討・共有の場に-薬局コンプライアンス研究会が発足

読了時間:約 2分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月12日 AM10:30


■薬局業務の改善、適正化目指す

薬局コンプライアンス研究会が8日に発足し、都内で初会合を開いた。偽造医薬品の流通や薬歴未記載、処方箋付け替え不正請求など、薬局による不祥事が相次いだことを背景に、薬局がコンプラインスや制度を踏まえた経営・運営を行っていくための知識やノウハウを共有することが主な目的。薬剤師資格を持つ弁護士の赤羽根秀宣氏(中外合同法律事務所)が代表を務める。赤羽根氏は、チェーン薬局などで不祥事が相次いだ背景について、「医薬分業が急速に進展したこともあり、これまで、あまりコンプライアンス、ガバナンス、内部統制システムに手が回らなかった」と分析。同研究会について、「薬局ならではのガバナンスや内部統制を考え、共有する場にしたい」との意気込みを語った。

赤羽根氏

研究会では、▽薬局ならではの問題の洗い出し▽薬局にかかるガバナンス・内部統制システムの検討▽薬局での業務手順の検討▽他社の取り組みの共有▽法的な疑問点の解消▽法改正への対応の検討――などに取り組む。

孫氏
  • 孫氏
全ての写真をご覧になるにはQLMIDにログインする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 認知症施策で官民協議会-発症後も生活できる社会へ
  • 【岐阜薬大】研究重視で学生の質向上-稲垣学長、「新6年制」一本化に自信
  • 【徳島大学研究グループ】高脂血症薬に新薬効か-抗癌剤誘発の腎障害を抑制
  • 【立命館大学創薬科学研究センター】産学連携ラボ新設を構想-創薬領域の共通課題解決へ
  • 医師の9割以上が肯定的-疑義照会不要プロトコールに