医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】消費税改定、約3.2%引下げへ-薬価調査の速報結果報告

【厚労省】消費税改定、約3.2%引下げへ-薬価調査の速報結果報告

読了時間:約 1分37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月07日 AM10:45


■平均乖離率は約7.2%

厚生労働省は5日、医療用医薬品の現行薬価と市場取引価格の開きを示す平均乖離率が、今年9月取引分で約7.2%だったとする薬価本調査の速報値を、中央社会保険医療協議会総会に報告した。来年10月の消費税率10%への引き上げに対応して薬価を上乗せするために臨時的に実施したもので、前回の昨年調査から1年経過した時点で、薬価の開きは昨年比で1.9ポイント縮小。乖離率は7%台となった。流通安定のための調整幅2%を差し引くと、市場実勢価に基づく薬価引き下げ率は約5.2%となり、これに消費税率8%から10%への引き上げ分2%を上乗せすると来年10月の消費税改定では約3.2%の薬価引き下げが行われる。

表:主要薬効群別乖離率

今回の調査は、今年9月取引分を対象に、販売サイドから11月6日までに報告があった取引価格を集計した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】薬剤師資格証8.4万枚へ-2022年度末までに体制
  • 【感染症部会】サル痘対象に臨床研究-天然痘ワクチン接種も
  • 【日薬】山本体制5期目スタートー政策提言実現が課題に
  • 【日薬】連携強化加算見直しへ-有澤理事「厚労省が要件緩和検討」
  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ